◎中村麻美 Nakamura Mami

1979年生まれ/神奈川県出身

1995年、映画主演デビューをしその後、32本の映画、そのほか舞台や大手企業7社のTVコマーシャルに出演。2011年からは、女優として、表現者としての潜在能力と感性を活かしたメッセージを発信。潜在意識のセラピストとして始動する。
その独自のメソッドや哲学は瞬く間に、各界から高い評価を得て、これまで日本・アメリカを中心に国内外で、講座、セミナー/イベントを開催。一流の経営者、投資家、著名人のメンター役を含め、トータル3000人以上、年間1000万円以上のコンサルティング契約。これまでに仕事で世界30都市を来訪。ありのままに生きることの大切さを届け続けている。

 

■セラピスト/主な活動
ワールドクリエイションメソッド開発(2012)
ファーストクリエイティブ/メールセッション(2012〜2013)
思考は現実化するマスターセッション/長期講座1期〜4期(2013〜2014)
相思相愛を叶える魔法のレシピ開発(2014)
ライフクリエイションマスターコース/長期講座1期〜4期 (2014〜2016)
ニューヨーク・マンハッタン/セミナー(2015.6)
からだ会議/講演(2015.10)
ニューヨーク・マンハッタン/しあわせレシピ講演(2016.9)
中村麻美オンラインサロン(2016.9〜)
ハワイ・ホノルル/しあわせレシピ講演(2017.4)
その他、講座・講演・セミナーを全国で開催(2012〜)
魔法のレシピプロジェクト始動(2017.9)

■女優/主な出演作品<映画/CM>
ファザーファッカー(1996 監督:荒戸源次郎)
富江(1999.3 監督:及川中)
白い船(2002.7 監督:錦織良成)
血と骨(2004.11 監督:崔洋一)
愛のむきだし(2009.1 監督:園子温)
RIVER(2011年 監督:廣木隆一)
渾身(2013年 監督:錦織良成)
ショートホープ(2014.12 監督:堀口正樹)

サントリー 「南アルプスの天然水」(1995〜1998)
NTT 「でんえもん」(1996)
スタジオジブリ 「魔女の宅急便」ビデオ(1997)
ヤマト運輸 「宅急便」(1998〜2000)
花王 「クリアクリーン」(2000)
ロート製薬 「メンソレータムAD」
セイコーエプソン 企業広告

■女優からセラピスト(潜在意識開発)の職に至った経緯Q&A

Q.なぜ潜在意識に興味をもったのですか?

A.幼いころから不思議や宇宙の神秘に興味がありました。
好奇心が旺盛だったこともあり、目に見えない世界にワクワクしたのですね。
実際に目には見えない世界を垣間見ることもありました。
探究心がいつのまにか潜在意識の情報にに導いてくれました。

Q.潜在意識をどのように学んだのですか?

A.これは独学です。自分の垣間見た体験からお話しすることが多いです。

Q.女優業から今現在の活動に移行された理由は?また関係性は?

A.女優という職業は潜在意識の未開発の領域にアクセスすることにより、
自分とは違う特性を引き出し演じていきます。
その為、葛藤やもがくこともあるのですね。
けれどそうしたことを繰り返すことにより、
自分を通して新たな可能性に気づき、演じることの歓びが増していきます。

女優を活かすための潜在意識の探究であり、またこの職を活かすことで、
女優業にも良い影響を与えると思っています。
この2つはわたしにとっては同じモノです。
アメリカでは潜在意識を開発するシステムを、
誰もが知るプロの役者さんたちも体験しているのですね。
日本では馴染みのないモノですが、アメリカでは研究がとても進んでいるのです。

Q.潜在意識を一言で言うと何ですか?
そして読まれている方にメッセージをお願いします。

A.愛と感謝です。

潜在意識の呼び名は様々です。愛と感謝と表現する人もあれば、
神と言う人もいます。神というと嫌煙する方もあるかもしれませんが、
とても科学的なものであると私自身は思っているのですね。

潜在意識に興味を抱き始めた人というのは、より良い自分、
成長にフォーカスし始めた人たちだと思います。
現実を変えようとしたり、嫌な状況から逃げてみたり、
またカウンセリングやセラピーに行ったりしても
なかなか現実が変わっていかないことに
悩みを抱えていらっしゃる方が多くいますが、
正しい知識を得て、それを行為として示していくことで、
驚くほどに現実が変わっていく様を
体験することができるのが潜在意識の開発です。

潜在意識が変わることで現実が変わっていく
自分にとっての奇跡の様な体験、
そして意識の高い人たちの出逢いがもたらす、
感動の体験に巡り合うことができます。
条件ありのしあわせではなく、
条件無しでもいつでもどんなときでも満ち溢れた
しあわせを味わうことができるようになります。

少しでも興味を抱いていただけたら、
まずはブログやFacebook、また配信している
メールレターでお目にかかれることを楽しみにお待ちしております。