-エネルギー漏れをふせぐ-続編5

麻美です。

さて、今日はエネルギー漏れの
原因となりやす〜い

罪悪感と赦し

について、
話していこうと思います。

あなたは、強く、
社会生活=ストレス

を感じたことはありませんか?

一度や二度は、
きっと誰にでもありますね。

・生計を立てるための仕事
・会社での上司・同僚・部下との人間関係
・結婚後の夫(妻)・義母・義父との関係
・出産後の子供との関係
・子供の学校の委員会
・夫(妻)との子供の教育についての議論
・学歴や容姿の違い
・恋愛による不和
・離婚後の養育権や養育費に関して
・政治と世界情勢、またその動向
・日本、また世界の法律
・美意識や食・芸術などあらゆる文化の違い
・男性優位の社会での女性の立ち位置

まあ、あげたらきりがいないほど、
この世界のストレスは、

あなたが一人で生きていたら、
抱えることのないことばかり。

つまり、必ずそこには、
何かしらの関係性と各々の価値観、定義、
これが成立して初めて、

ストレスを感じるのです。

その中で、許せないことって
ありませんでしたか?

不平等を感じたことも
あったかもしれません。

そして罪悪感も一緒に
育ってしまったことは
なかったでしょうか?

小さなことから大きなことまで。
自分の良心に背いた行動によって。

ストレスが溜まれば
やつ当たってしまうこともあり、
そんな自分を責めたのではないでしょうか。

あの人を許せたら、・・・
頭ではわかってはいても、

許した気になって、
これまた自分の寛容さに酔いしれて
自己犠牲を育てる結果となったり、

実はそれが自分の単なる自己満足による
正しさの証明とも気づかずに。。

そうなんです。

本当の真実の赦しとは、
相手の罪を許し、自分の罪を許す
ことではないのですね。

それは不可能なのです。

なぜなら、それらあなたが罪だと
感じていることの全ては、
本当は存在していないからです。

真実の赦しとは、
対消滅による統合と感謝のみ。

すなわち、赦しとは、

罪などなかった
という悟りです。


この世の幻想から目覚めて、
真のリアリティーに達したとき、
実際には何も起きていなかった
ことを知ります。

そのとき、この世の幻想と共に
罪という幻想も消えていき、

愛と喜びだけに
生かされていた真実に気づき、
感謝がわき起こってきます。

これが赦しです。

誰かを責めている時、
非難という攻撃をしている時

あなたは相手を責めている
のではありません。。。

自らが自虐的に
自分を痛めつけているのです。

そうやってエネルギーを
自ら漏らし続けています。

そして自己犠牲に酔いしれ、
許した気になり
勝手に天国と地獄を作っています。

山と谷を行ったり来たり・・・
こりゃ、非常に疲れる・・・・

そこからの解放、
真の赦しに達した時に、

私たちは、
自由と平和の中で真実と
出会うことになります。


それは、今、という”時”の
0<zero>の中で起きます。



では、また。
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts