愛がほしい、と思ったら

愛って、自分に都合の良いこと
を指すのではなくて、

全体性のことを言うのだろうし

それが相手ありきのことなら

相手の嫌なことはしないこと、
思い通りにしようとしないこと、
攻撃しないこと、

なのかな〜なんて思ったりします。

 

例えば、

相手を信じましょう、とか
言うけど、

相手を信じるって
結構、難易度高いかな〜って思うのね。

だって、裏切られるの怖いでしょう。
失敗するのも怖いだろうしね。

 

そう思うと、

自分を愛したり
自分を信じることの方が

容易かったりするの。

相手はコントロールできないけど、
自分をコントロールすることはできる、ことだから。

で、実は、

愛がほしい
認めてほしい、

という誰かへの欲求は、
場合によっては、
相手をコントロールすることになるのね。

すなわち、自分をコントロールできていない状態。

自分に根拠のない自信があったら
愛を必要以上に求め、
誰かで埋めようとは思わないのかも。

でも、誰かで埋めようとして
それが自分の思い通りにいかないと・・・

嫉妬したり
執着したり
怒りや憤りを感じたり、

しませんか?

それが恋人であれば
とても苦しいし、困難な状況を作り出すかな〜って。

それは嫌なのが本音だと思うのね。
じゃあ、そういった状況を
作り出さなければいいのですよね。

いつも安心で余裕があって、
息の長い関係性だったり
いつもお互いに優しさや思いやりをもてる関係性ができたら
本当はハッピーだし、嬉しいかな〜って。

 

そうなるには、

自分を信じる
自分を愛する

だけでいいんですね。

で、

自分を信じる、とは
自分を認めているかどうか、なの。

つまり、
どんな弱い自分
どんな情けない自分
どんなダメな自分

も、そのままこのまま

周りから褒められるような自分
自分の好きな自分、

も、そのままこのまま

認めること=自分を信じる

なのです。

その土台があって、初めて
相手を信じる、というプロセスに渡れるのね。

自分=まわり

ですから、

相手を信じるとは、

自分も認めるけど、
周りも認める、と言うことでもあるのね。

信じるって、抽象的すぎて
わかりにくいし、だから、
信じきれないのだと思うの。

実は、「認める」ということが
イコール、信じる、なのです。

 

ということは、

相手に見えることは、
自分の中にあるものですから、

それを「認める」ということですね。

つまり、究極、「自分」なのよww

でもこの「自分」は、個人を指すのではなくて、
深層の「私たち」を指すのね。

だって、私たちの実態は
ワンネスなんだもの。

そうすると、

自分のあれもこれも
相手の中に見えるあれもこれも

「認める」ことができたら

嫉妬ではなく、祝福になるし
執着ではなく、解放になるし、
攻撃ではなく、褒めるになるのね。

 

困難を作り出して
マイナスとゼロを行ったり来たりしたい場合は

執着OK
嫉妬OK
攻撃Ok

なのだけど、

もうもう、こりごり・・・・って
思ったら、

私たち」の本質を本気で
理解するのがいいのですね。

 

つまり

自分=まわり

です。

 

そうしたら、
安心・幸せ・楽しい・喜び・感謝・祝福
余裕・自由・解放・褒める・循環・尊敬
が、当たり前の世界があなたの現実になります。

これはゼロからプラスなのです。

 

愛がほしい〜〜〜〜!
と、思った時は、

あなたが欲している愛を
あなた自身があなたに与えることで、

それはイコール
周りから同じく与えられるもの、になります♡

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆相思相愛を叶える魔法のレシピ

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts