豊かな無限フィールドへ

お金について、私の考えることを
お話ししてみようかな〜と思います。

長期的に稼げていたり
お金が循環している人に共通するのは

満足感の一歩先を行った、
ということ。

人は「満足感」で満足することは、
残念ながら・・・ないのです。

また、幸福感もそこにはありません。

お酒やドラッグと一緒で
「一時的な快楽=満足感のフィールド」
なのですね。

アドレナリンは大量に出るでしょけど
セロトニンは出ない、みたいな。笑

人が本当に心から幸福を感じるのは
日常の幸せであり、「安心」の中にある時。

つまり、「一体感」を感じている時に

自分を好きになり
自分を認めることができ
自分の中から「創造性」が生まれるのです。

“満足感”と”一体感”
これはまるで別のフィーリングであり
フィールドです。

いうなら、

「脳=満足感」
「心=一体感」

なのですが、

人生を創造するパワーを持っているのは後者です。

ハートで思考し、ハートで一体感を
感じることの方が90%のエネルギーを持ちます。

前者の「脳=満足感」は数パーセント。

ってことはですね、

やり方やスキルを学んだり
本を読むだけ、セミナーに参加して知識を得ても・・・

創造力には限界があるのです。

たった数パーセントの脳パワーで一点集中しても
すぐにエネルギーが切れてしまう、
もしくは、漏れてしまいます・・・。

やりたいことが分からない
好きなことが分からない、

好きなことを仕事にしても
お金が循環しない・・・

のは、

ハートの声を聴かずに
頭のマインドが考えることを
優先してしまうがゆえです。

今日ね、コンサルをさせていただいた方は
ずっと頭のマインドが考える
自分の願望を叶えることに必死に
なっていたそうなのだけど、
それに疲れてしまっていたそう。

それもそのはず。。。

願望すればするほど
エネルギーを漏らしていたのですから。。

誰かになろうとしたり、
誰かの夢を自分も叶えたら幸せになれると、
勘違いしていたのね。

それをといたら、

一気に反転して覚醒しまして
ハートが開いてしまったのですね。

そうしたら

幸せや一体感があふれてあふれて♡

自分の本当の目的が明確になったのです。
また、真の幸せの定義をハートが教えてくれたの♪

そうなるとどうなるか♪

行動したくてたまらなくなるのです♡

本当の道に光が差したのです。

そうなると、パワーは無限で、
枯れることがないのです。

未来のビジョンがどんどん
向こうから湧き上がってくるのですね。

それは偽の夢ではなく
叶うことが当たり前の未来です。

だから、100%叶う。

Aをしたら、Bをした方がよくて
そのあとにCをする流れが常識だとしたら

そんなの無いわけです。笑

それは”時間の世界”で、

“時の世界”には、方程式は必要ありません。

ホリエモンさんはそれを多動力って
表現していたような。笑

優秀な友人は、
それを非常識を採用すればいいと言ったな。

先日参加した講演で吉本の大崎社長は
「自らを開き、とにかくDOをやり直感は計画に勝る」
とおっしゃった。

常識を安心して離れていいということです♡
それでもみんな愛されているし
それでもみんな成幸しています。

誰かのために生きることをやめること。
誰かのために自分を犠牲にするのはやめること。
我慢するのはやめること、です。

本音を生きていいのです。
自分の人生に責任をとりましょうね、
ってことですが♡

“その時” “その場”で起きること
そして関係性を楽しんでいたら

つまり

「今ここ」を生きていたら

流れに乗るのです。

そうしたら結果、

あなたの大切な人たちのためになるのです。

だからね、
安心して、自分に立ち返り

自分に思いきりくつろいで
根底からあふれてくる「安心」と「しあわせ」を
感じていましょう。

そこから全ての創造性
創造力が顕在化していきます♡

無限に循環する豊かなお金って、
そのフィールドで流れているの♪

お金を稼ごうとしなくてOK!
生活のために嫌な仕事はしなくていいの!

そうじゃなくて、

ハートで生きることを許可してあげよう♡

大丈夫だから♡

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆相思相愛を叶える魔法のレシピ

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts