「ひとつ」の世界は無敵

上の記事に書いた状態ってね、
 
無敵なの。

どんな権威権力も
どんな力持ちも
どんな攻撃的な人がいようとも
どんな天候や状況であれ
 
目の前にピストルを持った人がいて
自分に銃を向けていたとしても
 
降伏します。

それぐらいの「光/愛」を
内側から放っているのですね。

いつもそう在れたらいいな〜と
思いながら、
 
まあ、思考でぐっちゃぐっちゃ
するときも、感情が騒ぐときも
たまにないとね。

人間だもの♡
 
 

私の知り合いでね、
このパワーをお仕事に活かしている人がいるの。
 
でも、お仕事、していないのよ。きっと。
でも、契約や成約率、100%。

会社の中で一番、サボっているそうで。笑
営業をしていないのに、社内でTOPの成績。

上司から、「なぜなんだ?」と
不思議がられるんだって。

なぜなら、お客様の方から
その人に直接、声がかかり成約するから。

いつも「愛」だから
その光めがけて、ちゃ〜んと人は
集まってくるんですね。

必要な時に必要なだけ。

それは反動や相対を生まないの。

不思議だね。
何せ、本人は無自覚だったし。

でも、そう云うモノ。

好きに生きて、
世間で言われるタブーもしたこと
あっただろうし、

ほんと、自由が好きで。
ただ、その「自由」も制限付きの自由ではなく、

解放された「自由」

それをちゃんと叶えてくれる
ご主人や家族がいて、

ある時に気づいたんだって。
「愛されているな〜」とふと。

その人を観ているとね、
嫌なことはイヤだと言うし
好きなことには貪欲だし
自分を綺麗に見せることも好きだし
美味しいものを美味しい、と素直に表現し

とてもナチュラルに
ただありのままを生きてる。

たった、それだけ。
でも、それだけで

全てがうまくいっている。

この世界は、実に面白いですよね〜。

 

頑張れば、そりゃ誰だってうまくいくよね。

稼ぐことに必死になれば
誰だって、お金は稼げる。

だし、欲しいものを手にしたり
意中の人をテクニックで射止めることなど簡単。

でも、それって、「満足感」だから
必ず、そのあとに「欠乏感」を受け取る。

それは真のしあわせではないんですね。

「一体」となった「解放された愛」の中に
在るモノ。つまり意識に入るモノ。
意識がかよいあうもの、こそが

真のしあわせであり、
ずっと在るモノ。

ただ、その段階へ入るまで

人は「満足感」と「欠乏感」がセットの世界を
味わうモノみたいです♪

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆相思相愛を叶える魔法のレシピ

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts