この頃、色々な文献を読み漁っています。笑

自分の体験してきたこと、
これから体験して行きたいことを
科学的根拠と紐付けしていくのが
とても楽しいです。

わたしの寝食を忘れて夢中になれること
それは、心理・真理・潜在意識の研究、探求。

これは、もう幼少の頃には始まっていたな、
と思います。
小学校の授業でこの専門があったら
主要五教科よりも頑張れただろうな。笑

目には観えない不思議の数々。

一番、情熱に火がつき、
一気に沸点を超えます。笑

ただ、なぜ、地球の裏側の人の意識が読めるのか
未だに科学的根拠がないのが悔しい。笑

遠隔でも「祈り」が届く効果と似ているのであれば
バタフライエフェクトにも似ているけど、
ちょっと違うのですよね。

今は、熱力学にはまっていて、
「熱量」に関して研究中です。

熱量=エネルギー=具現化

だと思っているので、

その熱量をいかに生み出し
保存するのが良いのか。

それを研究し始めたら、
日常生活での過ごし方全ての意識や振る舞い、
行動が大事になってくるのだけれど
取りいれるモノ、排出するモノの
バランスにも及んできて

その縁起(ネットワーク)をイメージするだけで
・・・・・・萌えます。

世界の完全性や
奇跡の連続に感動せざるを得ない。

 

人はなぜ恋をするのか
人はなぜ葛藤するのか
人はなぜ人の役に立ちたいと思うのか
人はなぜ生まれ死んでいくのか

人のあらゆるなぜ、そのものが奇跡。

だってそれこそが創造性と直結しているから。

思考は現実化するこの世界が
もしも本当にヴァーチャルリアリティなのだとしたら

意識は繋がって
一は全 全は一なのだとしたら

その中で出会ったりご縁のある人って
ものすごい莫大なエネルギーの中から
選ばれし者(モノ)なわけで

夢を叶えあってくれていることに
感謝しかありません。

 

エネルギーを研究すればするほど、

やりたい!
やらずにはいられない!
というエネルギー(熱量)が生み出す
奇跡と言ったらありません。

この物理空間において、
熱量は高いところから低いところへ伝わるのですが、

この
熱量が上がる=ステージが上がる

のですね。

ちょっとイメージしてみてください。

あなたの熱量が上がることってなんでしょう?

好きなことをやっている時だけ?
試練の中では上がらない?
感謝に触れた時もそうでしょうし
誰かとの一体感やつながりを感じた時は?

あなたの熱量の上がる要素は
日常に散りばめられています。
つまり、おかげさまにあふれている。

それは自覚しているしていないに関わらず
皆、その熱量、エネルギーがなければ
この世界に存在することはできないのです。

やばい。
生きているだけで
素晴らしいことが証明されているわけです。
 
 

その前提にたった時、

現在、なんの実績もスキルがなくとも
私は、パッションさえあれば
何かをはじめる動機は十分だと思っているの。

もちろん、最初は自己満足感を
自己重要感や自己価値感を満たすために
何かをはじめるのだろうけれど

熱量が上がれば
ステージが上がるのだとしたら

そのさらに上には
違う景色が広がっているものです。

赤い炎よりも
青い炎の方が高温なわけだけど

そこまで熱量を繋いで繋いで
そしてそのエネルギーを恩送りに使うと・・・

時空を超えて行くことができる。

物質が一定の温度に達して「臨界点」を迎えると
まったく異なる「性質」に変化するのと同じですね。

氷から水へ
水から水蒸気へ
水蒸気からプラズマへ

私たちは、こうして変容を繰り返している。

同じ形をとっているようで
実はまるで別の生命体へと生まれ変わっています。

同じ概念を共有していても
理解は異なるし、変化して行くし、進化する。

同じ時など、存在していないのです。

全てが幻のように
過ぎ去って行く一期一会の時を
たった今、感じ深層で共鳴・呼応し合っている。

その声に耳を澄ませてみてください。

あなたの奥の奥にある魂の声です。

そこは全ての「答」を持っています。

もしかしたらあなたはそれを
認識していないかもしれない。

たくさんのフィルターが覆っていたり
周りに主導権を渡している時には
聞こえにくいけれど、

それは確かに「在る」のです。

やりたいことがない
好きなことが何かわからない
身動きが取れないほどの悩みの中にいる

そんなあなたにいつも
包み込むように優しく語りかけて
いつも全身全霊であなたの全てをわかっていて
そして愛し抱きしめている存在があります。

目には観えないのだけど、あなたの意識の延長には
その大いなる存在が在ることだけは真実です。

そしてそれは、あなたに気づいてもらうのを
待ってます。

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆相思相愛を叶える魔法のレシピ

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts