My life was guided by my intuition

My life was guided by my intuition
〜私の人生は私の直感に導かれました〜

 

結局のところ、
「直感」の響いたところに
戻って来る。

って、感じたこと
あなたにはありませんか?

まだ人生半ばだけれど、
自分の人生のプロセス
ずいぶんと遠回りしたな
ってこと、たくさんあるのだけど

どれも無駄ではなかったんだな
って思うのは、
どの瞬間もけっこう一生懸命
いられたからかな、って。

けど、色々と冒険してみて
思うのは、

最終的にホームだと感じるのは
「直感」の響いてきたところ。

潜在意識は慣れ親しんだ環境や
人間関係など、現状維持をこのむ
からこそ、
思いきって、色々と別世界へ
飛び込んでみたり
ムリ!!って思っていたことを
少しでも違う角度でみたり触れたり
慣れ親しもうと実験したりもした。

やってみないとわからないし
経験してみないと
納得がいかない性だから。

無駄じゃなかったと言えるのは
それもコンテンツにできるからで
遠回りをしたからこそ
助言できる数も増えたし
信頼して待てるようになった。

いい意味で、誰にも何にも
期待せずにいられるのって
とても軽快です。

最初はひたすらプラスしていくって
大事だったのでしょうね。
それをマイナスして、
そしてど真ん中が見える。

それは「直感」がやっぱり正しかった
ということを教えてくれるのだけど

また、やるんだろうな。

けど、その都度

自分を好きになれる時間を
増やせている実感をしています。

そして同じ人でも
まるで違う人かのように
いつも新鮮な気持ちで対面できるのが
最高に気持ち良い♩

 

 

追記:
やりたくない、好きじゃない
だから
簡単な方に流れるのって
わたしはオススメしないかな。

相反することを体感して初めて
本当に好きなことや、やりたいことへの
エネルギーは高まり、
好きなことをより質を高めながら
継続するために
面倒なことにも関われるから。
(やりたいことを高めるために
いかに、価値を置いていないことさえも
紐づけて考えることができるかって
大切な気がします)

そうしていくことでしか
コアなど見つかることもないし
磨かれることもない。

魅力的な人をみていたら
一流をみていたら
何をしているのかがわかる。

簡単な方に流れて
生き残っている人は
ただの一人もいないってこと。

常に成長に目が向いている。

そういえば、世界で活躍している
超一流のオペラ歌手の方が
こう話していました。

自分の歌いかたの癖を直すのに
数年で十分だろうと思って
微調整を繰り返し、結果、10年かかったそう。

世界で活躍する超一流の世界は
自分にはとても厳しいそうです。

神は細部にも宿るって
こういうことなのだろうと。

実際、まじかで触れたそのエネルギーは
とてもとても微細な振動をしていました。

それは「愛」だと思うんです。

そして真実だと思うんです。

その世界をみてきた人たちは
世界にも、そして人にも真に優しい。

 

ロックの後のオペラもなかなか良い♩それにしても美しい歌声です。

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆相思相愛を叶える魔法のレシピ

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts