インナーアクトレスが開くとシンクロを知覚する

今日は、インナーアクトレスが開いた時に
起きる、「シンクロニシティ」
についてお話をしてみますね。

シンクロって、特別な時に起きるのではなく
実は、常に24h365Days起きているのです。

また、自分にとって、
いいことのみ「シンクロした!」
と捉えがちですが、
宇宙には「いい・わるい」はありませんから
どちらもニュートラルに起きている、が事実です。

 

※シンクロニシティ(英語:synchronicity)とは、いわば「意味のある偶然の一致」のことで、日本語訳では「共時性(きょうじせい)」「同時性」「同時発生」とも言う。複数の出来事を離れた場所で、同時期に生起させる原理である。

 

ただ、シンクロは普段のベータ派(脳波)では
ほぼほぼ知覚できないのかもしれません。

でも、常に起きているって
どういうこと?ですよね。

それは、以下の写真を参照

 

知覚をすることができるのは
3次元思考を超えた
インナーアクトレスの開いた
4次元思考以上になります。

高次元では、
時間・距離・空間を超越した
同時多発は、当たり前なのですね。

それこそ、
宇宙の法であり秩序なのです。

 

例えば
同じ時間、同じ場所に
同僚の4人がいたとしましょう。

午後のありふれた日常です。

 

Aさんは2次元思考(インナーチャイルド)
Bさんは3次元思考(インナーチャイルド)
Rさんは4次元思考(インナーアクトレス)
Jさんは5次元思考(インナーアクトレス)

たまたまビジネスの話になり・・・
Aさん、Bさんは
RさんJさんに問題を抱えたビジネスの
相談をしているとします。

この4人、同じ現実を生きていますが、
見えている世界はそれぞれ全く異なります。

Jさんは問題を即座に読み解き、そこで
それを解消するための方法を閃き
お金を生み出すルートまで
繋がってしまうかもしれません。
それを聞いたRさんは
すぐにスタッフに連絡をとり
調査するよう、指示を送るかもしれません。

けれど、AさんとBさんは
ただ、相談をしていただけなのに・・・
なぜ、その閃きがあったのか
ハテナ?かもしれません。

また、指示を出したRさんのその行動力に
圧倒されるかもしれません。

Aさんは聞きます。
なぜ?閃いたの?

Jさんはもしかすると
「ほら、あそこに座っているカップル
さっきから喧嘩をしているのだけど・・・」
と話を切り出すかもしれません。

Aさんにとってはますますハテナ??
ですよね。

カップルと、問題にしていたビジネスと
どう関係があるの??と。

けれど、これがシンクロなのですね。

社内の問題と、
同時に目の前で起きているミクロのシンクロ。
それを知覚できるフィールドに
いるのかいないのか、
それが違いです。

すると、その喧嘩していたカップルが
仲直りをしたようで微笑んでいます。

Jさんは確信したように
にっこり微笑みます。

すると、同時にRさんの電話がなります。

調査をしたスタッフから「GOサイン」

「さ、会社に戻りましょう♪」
Jさんは席をたちます。

 

 

世界では、こうしたことが
常に起きています。

「時」を生きるインナーアクトレス
「時間」を生きるインナーチャイルド

いいわるい、はないし
差はなく、違いだけがあるのだけど

あなたがシンクロニシティを
知覚している時

インナーアクトレスは開いており

マクロの世界でも同じことが起きています。

 

 

 

~内なる女優性(インナーアクトレス)を目覚めさせる~6つの魔法のレシピ

セミナー詳細はこちらから

わたしからのメッセージはこちらから

 

インナーアクトレスに関するご質問は
こちらまでお気軽にどうぞ♪
題名(件名)に「インナーアクトレス」
と書いていただけますと幸いです。

ご質問は随時、こちらで更新していきます。

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts