なぜ生きているのか

分離感たっぷりのとき

「自分はなぜ生きているのか」

よく想像したり、考えていたな。

今思えば、それは現状に不満足だったからで
だから、価値観の崩壊も起きたのだろうと思う。

◯◯しなさい
◯◯している人が優れている
◯◯になりなさい
いい人って◯◯な人

その代表例が
「お年寄りには席を譲ろう」

今、思えば変な道徳だったな。

強制されたものの中に
安心を得ることなどなかった。

席を譲る競争があり
育てたのは、優越感だけだった。

そういえば、過去、ある人と
こんなことを話したことがある。

道徳の時間
先生が小学生に賛否を投げかけたそう。

「体の弱いお年寄りに席を譲ることに賛成の人は手をあげて」

もちろん全員、手をあげた。
その人以外は。

「じゃあ、席を譲ることに賛成じゃない人?」

その先生の問いかけにも
その人は疑問を感じたそう。

「お年寄りは弱いとか、かわいそうだから、とか
そう決めつけるのっておかしい。だって人によっては
席を譲られることに対して気分が悪くなるかもしれない
お年寄りだろうと、そうでなかろうとその時に
譲る必要があればそうしたらいい」

そう先生に言ったら、
先生、怒ったんだって。笑

心がないって。

でも、その人、
今では知らない人はいないくらい
有名になってしまった。
もちろん、心こそ素晴らしく
ありのまま。

 

道徳の時間に

ありのままの自分を認めること
教えてほしかったね。

◯◯しなさい
◯◯している人が優れている
◯◯になりなさい
いい人って◯◯な人

じゃなくて、

まんまで素晴らしいこと
その上で内の革命を教育してほしかったね。

そうしたらきっと

お金があったらしあわせ
いい学校を出たらしあわせ
いい会社に入ったらしあわせ

なんてことにはならなかったかもしれない。

自分に必要なものを求めずに

自分のほしいものばかりを求めてしまう
苦悩はなかったかもしれない。

神はケチでも
融通が聞かないわけでも
ヒイキしているわけでもない

私たち一人一人に
必要なものを与えてくれる。

それはほしいモノとは違う。

 

「自分はなぜ生きているのか」
そう考えていた時

私は、自分がほしいものを求め
現状に不満足を抱き
そして、必要なものがもたらされていた事実に
目を向けることはなかった。

そんなことを思い出して
なんだか、ほっこりしました^^

なぜなら、今、必要なもの全てが
もたらされていることを知れたから。

ありがとう。

 

 

 

インナーアクトレス覚醒部~女性限定~

Facebookグループへのご案内

第1回ライブ配信
2018年1月3日(録画をご覧いただけます)

第2回ライブ配信
2018年1月6日(録画をご覧いただけます)

第3回ライブ配信
2018年1月9日(録画をご覧いただけます)

※1月12日(金)12:00に
インナーアクトレス覚醒部~女性限定~
Facebookグループへの参加を締め切ります

~グループ参加特典~

◎セミナー級の潜在意識トークをグループ内で無料配信
◎グループ参加者限定のお茶会開催(1月14日・27日)
◎今後の新コンテンツの割引

詳細はこちらから

私からのメッセージはこちらから

 

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts