第10回 王仁三郎フォーラム2017

昨日は、第10回 王仁三郎フォーラム2017
に参加してきました。

なぜ、こちらに参加したのか
話すと長くなるのですが、

話しちゃう。笑笑

だいぶ不思議だし
あやしいお話にもなるので、
興味のある方だけどうぞ♩

 

実は、わたしがワンネス体験をした
10年前の年に、
国常さんが現れたのだけど、

実は、それって京都の綾部なのです。
そう、大本教の本部のある場所です。

わたしは宗教家ではないし
無宗教だし
もちろん、ニュートラルな人間です。

それに大本教を、知らなかった。

でも、国常さんと出口王仁三郎氏に導いたのは
当時、たった2歳のわたしの娘だった。

わたしがインターネットで検索していると
2歳の娘が、指をさしたの。

あるサイトを。

直感的にピンときて、
「見なきゃ!」っておもったのを覚えています。

そしてそこから始まったのです。

あいうえお、がね。
(意味不明ですみませんw)

そして行きました。
10年前。
娘と一緒に、綾部に。

ある種、今のわたしの活動の起源は
綾部にもあり。笑

わたしは、

国常さんにも
スサノオさんにも
大国主命さんにも

長いこと、守護されてきました。

ただ、今年で10年の節目を迎える
そう思ってた。

10という数字は、
英語ではTen(テン)
これは、「天」を意味します。

だから、振り出しに戻り
2018年は、
1からのスタートの年になる
そう直感的に感じていたのです。

んなもんで、

一旦、手放そう、
そう思っていたのです。

そう思っていたからこそ、

Facebookの出口汪先生の
タイムラインを訪れました。

そこで意識にバッと入ってきたのが、

「第10回 王仁三郎フォーラム」
だったのです。

どんぴしゃりで、即、申し込みをしました。

10回というのは10年目だと思っていたから
なのだけど、

これもわたしの中の
ストーリーが創り出した世界なら

面白いと思って。

出口汪先生には、
わたしが勝手にご縁を感じています。

出口汪先生に初めてお会いしたのは、
4年前になります。

5年前の長倉顕太さんと原田翔太さん主催の
長倉出版塾がきっかけです。

この写真の日は、やけに楽しかったのを
覚えています。

その後も、たまたま
出口汪先生のメルマガを読んでいて
顔をあげたら、
表参道の交差点でバッタリ
ご本人にお会いするというシンクロもあったり。笑

それに、わたしの今の活動の起源に
王仁三郎氏の存在もあったからこそ

とても嬉しかったの。

あの時の綾部への旅がなかったら
今のわたしは無いし

とにかく参加することが
感謝を伝えることだと思って。

それで、今回
王仁三郎フォーラムに参加しました。

詳細をよく読まずにお申し込みしているから
そこにまさか、
出口光先生もいらっしゃるとは
思ってもいませんでした。

そして、写真の女子は
長倉さんのファイトクラブのメンバーで

あの長倉さんを哺乳類に変えてしまった子の一人か!!笑笑
と、思うと、不思議な巡り合わせを感じました。

とてもとても
と〜〜〜っても!!素敵な会でした。

本質ど真ん中で、
わたしのど真ん中にグッとくるお話の数々。

日本の教育を本気で変える!

そう放った出口汪先生の言霊にも
そして瞳にも「いのち」の鼓動を感じました。

また、光先生のお点前に
抽選で当たって
超!贅沢でラッキーなお時間も
ご一緒することができました。

初めての場で
知らない人たちばかりだったけど、
とてもあたたかく迎い入れてくださって
参加して本当に、よかった^^

まだ、心の中がポカポカあたたかです。

そして魂もふるえる時でした。

出口汪先生
出口光先生

そして道幸武久さん

また主催の富士川碧砂さん

あの場で出会ってくださった千夏ちゃん、そして皆様。

そこへ繋いでくださった長倉さん、原田さん
(勝手にお名前とお写真使ってすみませ〜〜んwイケジュンもw)

誠にありがとうございました!!

 

わたしにとっての10年の節目。
この時に流れたこのエネルギーを

2018年に繋いでいこうと思います。

10年前、そして5年前は
わたしにとって、
ものすごい転機だったから

きっと、来年も大きな転換期を
迎えるような気がします。

ますます、ハッピーフィールドへ♩

 

おかげさまです。

全ての出会いに

改めて心から感謝いたします。

 

———————

◆中村麻美公式LINE@
◉ID
@jgt8182e
◉URL
https://line.me/R/ti/p/%40jgt8182e

◆「Kindle(電子書籍)」はこちらから

◆「魔法レシピPodcast」はこちらから

◆Facebook(プライベートメッセージ)

◆Facebook(魔法のレシピプロジェクト)

◆YOUTUBE

◆お問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Related Posts